iPhoneの画面を自分で修理

男性の皆さんの中には、ラジコンやプラモデルをバラバラにして
もう一度組み立てるという遊びをしたことがある人もいるかもしれません。
壊してからまた組み立てるのは、新たに何かを作り上げるのとは違った面白さがあります。
そういった感覚をお持ちの方であれば、iPhoneの修理を自分でやってみたいという気持ちになる可能性も否定出来ません。

iPhoneは精密機器ですから、本来であれば素人が触ることは想定されておらず、
故障した箇所をさらに悪化させることもあることを覚えておいてください。
ただし、画面などの比較的取り外ししやすいパーツについては、
ネットでぐ品を購入して自分で修理してしまう人がいるというのもまた事実です。
今回はiPhoneの画面を自分で修理する方法や必要な道具について詳しく見ていきましょう。

iPhoneの画面を修理する最初のステップは、画面を外すことです。
防水加工が施されているiPhoneはシーリング材、いわゆる接着剤で固定されているのでiPhone全体をドライヤーで温めます。
こうした環境に晒されることになるので、修理をするiPhoneはSIMカードや配線を抜き、必ず電源を切った状態にしておきましょう。
ドライヤーでiPhoneが温まったら、側面の隙間にマイナスドライバーなどを挟み込んで画面を開きましょう。
画面を開き終えたら、Y型ドライバーという特殊なドライバーでフロントパネルを固定しているネジを外し、交換していきます。
このとき、コネクタと呼ばれるパーツを外してしまうと、マイクやスピーカーが上手く動かなくなってしまうのでご注意ください。

iPhone修理において最もプロの手を借りずに修理しやすい箇所である画面割れは、
その方法を指南している銅やサイトやウェブページも存在します。
そちらを参考にするのも良いですが、自分が持っているiPhoneと同型なのかを確認しないと、
間違った修理の方法を参照してしまうことになるのでご注意ください。
最近ではiPhone修理の際に使用する道具をまとめたキットが販売されています。
工具があまり身近ではないという人や、この機会に道具を揃えて置きたいという人はこちらのキットを手に取ってみると良いでしょう。

自分で修理をしてみたけれど、どうしても上手くいかないときは街中にある非正規の修理店を頼りましょう。
アップルストアをはじめとした正規の修理店では、
不用意に中身を空けてしまったiPhoneは修理を拒否される恐れもあるからです。
非正規の修理店であれば、皆さん直しきれなかった画面割れだけでなく、その他の不調に関しても見てくれます。
非正規店で修理をしてもらうのと自分で行う際の費用のバランスを考え、修理の方法を検討してから画面割れに対処していきましょう。

iPhone画面の修理

iPhoneの画面は皆さんに様々な情報を届けてくれます。
時間を知りたい、乗換駅までの距離を教えて欲しい、電話やメール、
SNSを利用したいなどiPhoneを活用するうえで必ずと言って良いほど画面を見ることになるのです。
そんなiPhoneの顔ともいえる画面ですが、不運なアクシデントの結果壊れてしまうことありますよね。
床に思い切り叩きつけたり、自動車で踏みつぶすといった行為でなくても当たり所が悪ければ画面が割れてしまうこともあります。
今回はiPhoneの画面を修理する際のポイントについて詳しく見ていきましょう。

iPhoneの画面修理においてはアップルケアプラスというサービスに加入しているかどうかで修理費用がまるで変わってきます。
iPhone6という機種においてはアップルケアプラスに加入していると税別3,400円の修理費で済みます。
この修理費用はiPhoneの機種が新しい場合でも同様です。

しかし、保証の対象外、すなわちアップルケアプラスに加入せずにいる場合は数倍の料金がかかってしまうこともあるのです。
具体的には、iPhoneXを保証対象外の料金で修理しようとすると3万円以上の料金を必要とします。
これはアップルストアに加入していない場合の9倍から10倍にあたる値段ですから、
どれほど料金が変わってくるかお分かりいただけるでしょう。
アップルストアでは配送サービスによって地方の方からの修理も受け付けていますし、
家電量販店などにあるアップルの正規サービスプロバイダでも修理してもらうことが出来ます。

または皆さんが購入した携帯電話のキャリアショップでも一部のお店ではiPhoneの修理をしてもらえるのです。
アップルの正規のお店で修理してもらいたいという人は、
お近くのお店を検索してメモなどしておくといざというときに困ることがないでしょう。
非正規の修理店においても、画面の修理は頻繁に行われている項目の一つです。
最近では質もよく短時間で修理を終えられる非正規iPhone修理店も増えているので、すぐに修理して欲しい場合はこちらを利用する選択肢を覚えておいても良いでしょう。

ただし非正規のお店によっては修理が失敗してしまった場合の補償をしないところや、修理に時間がかかってしまうケースも見られます。
インターネットやお店の口コミなどをチェックしたうえで、信頼出来るかどうかを判断してから非正規店を活用したいところです。
また、画面修理においては自分の手で部品を購入し、画面だけを修理してしまおうと考える人もいます。
その方法について指南しているサイトや動画もあります。
手先が器用で機械いじりが得意という人であれば、自分の責任において手作業での修理に臨んでみるのも良いかもしれません。

ホームボタンが壊れたのかを確認

iPhoneという精密機器を誰しも自由に持ち歩けるようになった現代において良くあるトラブルが、
壊れてもいないのに故障したと勘違いしてしまうというものです。
本当に壊れたのであれば直さなくてはいけませんし、最悪の場合は新品の購入も検討することになるでしょう。
しかし、壊れてもいないのに修理店に持ち込み、点検してもらっただけで
お金がかかってしまったという経験はなるべく避けたいですよね。
修理店を利用すべきかそうでないのかがわかれば取り越し苦労や無駄な出費をせずに済むのです。
iPhone修理店では様々な部品の修理を取り扱っていますが、
今回はそんな中でも操作の要となるホームボタンが壊れてしまったのかを確認する術について詳しく見ていきましょう。

ホームボタンを押しても画面が一切反応しなくなるというのは、故障を疑う最大の原因であると思います。
ホームボタンによって起動のきっかけとなっているiPhoneが多いわけですから、
ここが反応しないと電話もメールも、そしてインターネットを参照するのも難しいと考える方もいることでしょう。
ホームボタンを押しても反応しない場合は、アプリケーションを立ち上げすぎてホームボタンの反応までに時間がかかってしまうこともあります。

これを日頃から予防しておくことが、故障の勘違いを防ぐ方策なのです。
使っていないアプリやめったに使わないけどとりあえず立ち上げておくといった類の
アプリを終了させて、なるべく容量の圧迫を抑えていきましょう。
ホームボタンンを押したときの異常としてよく見られるのが、ジャリジャリやバキバキといった小さな音です。
これはホームボタンと本体の間にごみやチリ、砂といった異物が挟まっている可能性があります。
このまま使い続けているとiPhoneの内部にまで悪影響を及ぼしかねないので、早急に修理店を訪ねましょう。
ホームボタンをお手入れすることで、こういった異物による故障を防ぐことも可能です。

ホームボタンを押したときの凹みに溜まっている埃やチリを柔らかい布で掻き出しましょう。
普段から手帳型のケースなどを用いて、ホームボタンがある面に汚れやゴミが入らないようにケアするのも有効です。
もちろん、怒りに任せてホームボタンを強く押し込むといった使い方は言語道断です。
ホームボタンの裏側にある金属部分が劣化すると、反応が鈍くなってしまい故障の現認にも発展するのです。
ホームボタンが壊れているのかをきちんと見極めるだけでなく、壊れないように大切に使うこともiPhoneユーザーの務めといえるのです。
iPhone修理店に持っていく前に、まずはお餅のiPhoneをきちんと点検しましょう。

ホームボタンの修理

iPhoneを操作するとき必ずと言って良いほどホームボタンに触れることになります。
ロック画面からパスワードを入力してiPhoneを起動させる人が多いと思いますが、
そこに至るにしてもホームボタンが最も操作しやすいのは皆さんもご存知でしょう。
1日に何回ホームボタンを押すのか考えていただければ、
ホームボタンがiPhoneの要となる部品であることがご理解いただけると思います。
しかし、機械は触れる回数が多いほど、稼働する回数が増えるほどに壊れやすくなるのが常です。
iPhone修理の中でもホームボタンの故障に悩まされるケースは少ないとはいえません。
今回は、ホームボタンの修理に関してどのような選択肢があるのか詳しく見ていきましょう。

自分の手でiPhoneのホームボタンンを修理するのは非常に難しいといえます。
画面のようにパーツを入れ替えるだけで終わるという修理ではなく、
iPhoneの回路と結びついているものですから、やはり専門家に任せるのが得策なのです。
iPhone修理の正規店、いわゆるアップルストアでの修理をお求めの方は
アップルケアという修理サービスに加入しておくとそうでない場合よりも安く修理してもらうことが出来ます。

画面やバッテリーといった項目はiPhoneの保証対象となっていますが、ホームボタンはそうでないケースも見られます。
ただし、アップルケアプラスというサービスであれば、過失や事故によってホームボタンが損傷した場合でも2回まで保証の対象となるのです。
保証対象外の場合と比較してみると、その料金はまるで違うことがわかります。
iPhone7であればアップルストア加入と未加入において2万円以上も修理費に差があるのです。
これよりも古い機種の場合は保証外でも安い料金で修理してもらえますが、それでも数万円単位で料金の差が出てしまいます。

iPhone8に関してみると、アップルケアプラスに加入している場合はそうでないときに比べて3万円近くも安い値段で修理サービスを受けられるのです。
こうしたことからも、正規店での修理をお望みの方はアップルケアプラスに加入しておくことをおすすめします。
一方で、非正規の修理店ではアップルケアの加入時よりも安い値段で修理をしてくれるところもあります。
配送での修理や予約といった手間も必要ありませんので、お店に用い込むだけという手軽さで利用出来るのも非正規店の魅力といえます。
ただし、非正規の修理店を一度でも利用してしまった場合、アップルストアの正規のサービスを受けられなくなる可能性があることを覚えておいてください。
毎日触れるホームボタンだからこそ、日頃から知識を蓄えて修理の選択肢について知っておきましょう。