ホームボタンが壊れたのかを確認

iPhoneという精密機器を誰しも自由に持ち歩けるようになった現代において良くあるトラブルが、
壊れてもいないのに故障したと勘違いしてしまうというものです。
本当に壊れたのであれば直さなくてはいけませんし、最悪の場合は新品の購入も検討することになるでしょう。
しかし、壊れてもいないのに修理店に持ち込み、点検してもらっただけで
お金がかかってしまったという経験はなるべく避けたいですよね。
修理店を利用すべきかそうでないのかがわかれば取り越し苦労や無駄な出費をせずに済むのです。
iPhone修理店では様々な部品の修理を取り扱っていますが、
今回はそんな中でも操作の要となるホームボタンが壊れてしまったのかを確認する術について詳しく見ていきましょう。

ホームボタンを押しても画面が一切反応しなくなるというのは、故障を疑う最大の原因であると思います。
ホームボタンによって起動のきっかけとなっているiPhoneが多いわけですから、
ここが反応しないと電話もメールも、そしてインターネットを参照するのも難しいと考える方もいることでしょう。
ホームボタンを押しても反応しない場合は、アプリケーションを立ち上げすぎてホームボタンの反応までに時間がかかってしまうこともあります。

これを日頃から予防しておくことが、故障の勘違いを防ぐ方策なのです。
使っていないアプリやめったに使わないけどとりあえず立ち上げておくといった類の
アプリを終了させて、なるべく容量の圧迫を抑えていきましょう。
ホームボタンンを押したときの異常としてよく見られるのが、ジャリジャリやバキバキといった小さな音です。
これはホームボタンと本体の間にごみやチリ、砂といった異物が挟まっている可能性があります。
このまま使い続けているとiPhoneの内部にまで悪影響を及ぼしかねないので、早急に修理店を訪ねましょう。
ホームボタンをお手入れすることで、こういった異物による故障を防ぐことも可能です。

ホームボタンを押したときの凹みに溜まっている埃やチリを柔らかい布で掻き出しましょう。
普段から手帳型のケースなどを用いて、ホームボタンがある面に汚れやゴミが入らないようにケアするのも有効です。
もちろん、怒りに任せてホームボタンを強く押し込むといった使い方は言語道断です。
ホームボタンの裏側にある金属部分が劣化すると、反応が鈍くなってしまい故障の現認にも発展するのです。
ホームボタンが壊れているのかをきちんと見極めるだけでなく、壊れないように大切に使うこともiPhoneユーザーの務めといえるのです。
iPhone修理店に持っていく前に、まずはお餅のiPhoneをきちんと点検しましょう。

コメントを残す

CAPTCHA