充電出来ないときの修理

iPhoneは毎日使用するものであり、その際に欠かせないのが充電です。
長年使っていると、以前に比べて充電が持たなくなってきたという経験を皆さんも一度はあることでしょう。
1日に何度も充電器のお世話になってしまう場合は、修理が必要になります。
今回は、iPhone修理における充電に関する知識について詳しく見ていきましょう。

iPhoneを充電器に刺してもなかなか充電が完了しないというケースはままあります。
このとき最初に考えたいのは充電器のケーブルが接触不良を起こしている可能性です。
iPhoneそのものが故障しているわけではないこのケースでは、
充電器を交換すれば今まで通りに充電が可能になります。
充電が上手くいかないときはまず充電器を交換してみると、
修理店にわざわざ出向くことなく問題を解決することが可能になるのです。
iPhone本体の故障としては、充電器とのコネクタ部分が不調に陥っている可能性が指摘されます。

ただし、コネクタに汚れが溜まっているせいで充電器が奥まで刺さらないといった場合も考えられるので、
まずはコネクタ部分の汚れを落とすことから始めてみてください。
これで解決しない場合はiPhoneを修理するという流れになります。
上記のような可能性を考慮したうえで修理店を利用する場合は、
アップルストアで修理した場合と非正規店での修理費用を比較してみましょう。
アップルケアプラスというサービスに加入しているiPhoneユーザーは、
保証の期間内であれば無料で修理してもらえることも少なくありません。

これはバッテリーが不調に陥っている場合に限られるのでご注意ください。
具体的にはバッテリーが本来の性能から半分程度まで落ち込んでいることが条件となっています。
バッテリーの性能が極端に落ち込んでいないときも、有料でバッテリー交換をしてもらうことが出来ます。
1万円以内の修理費で収まるので、買い替えるよりも安上がりで済みますし、
非正規店を活用する場合もこれより高い値段がつくようであればアップルストアを利用した方が良いでしょう。
機械いじりに自信があるという人は、自分でバッテリーを購入して交換するという手段も頭に入れておきましょう。

ただし、アップルでは自分で手を加えたiPhoneや非正規店で修理をしたiPhoneの再修理は受け付けないとしているので、
自分でバッテリー交換をする際には手順や必要な道具を順守したうえで執り行ってください。
iPhoneの非正規修理店ではiPhoneの状態を点検するといったサービスを実施しているところもあります。
バッテリーの調子が悪いのか、ケーブルやコネクタが不調なのか良く変わらないという人はこちらで故障原因を特定してからシフォン修理の方法を模索するというのも良いでしょう。

コメントを残す

CAPTCHA