iPhoneの画面を自分で修理

男性の皆さんの中には、ラジコンやプラモデルをバラバラにして
もう一度組み立てるという遊びをしたことがある人もいるかもしれません。
壊してからまた組み立てるのは、新たに何かを作り上げるのとは違った面白さがあります。
そういった感覚をお持ちの方であれば、iPhoneの修理を自分でやってみたいという気持ちになる可能性も否定出来ません。

iPhoneは精密機器ですから、本来であれば素人が触ることは想定されておらず、
故障した箇所をさらに悪化させることもあることを覚えておいてください。
ただし、画面などの比較的取り外ししやすいパーツについては、
ネットでぐ品を購入して自分で修理してしまう人がいるというのもまた事実です。
今回はiPhoneの画面を自分で修理する方法や必要な道具について詳しく見ていきましょう。

iPhoneの画面を修理する最初のステップは、画面を外すことです。
防水加工が施されているiPhoneはシーリング材、いわゆる接着剤で固定されているのでiPhone全体をドライヤーで温めます。
こうした環境に晒されることになるので、修理をするiPhoneはSIMカードや配線を抜き、必ず電源を切った状態にしておきましょう。
ドライヤーでiPhoneが温まったら、側面の隙間にマイナスドライバーなどを挟み込んで画面を開きましょう。
画面を開き終えたら、Y型ドライバーという特殊なドライバーでフロントパネルを固定しているネジを外し、交換していきます。
このとき、コネクタと呼ばれるパーツを外してしまうと、マイクやスピーカーが上手く動かなくなってしまうのでご注意ください。

iPhone修理において最もプロの手を借りずに修理しやすい箇所である画面割れは、
その方法を指南している銅やサイトやウェブページも存在します。
そちらを参考にするのも良いですが、自分が持っているiPhoneと同型なのかを確認しないと、
間違った修理の方法を参照してしまうことになるのでご注意ください。
最近ではiPhone修理の際に使用する道具をまとめたキットが販売されています。
工具があまり身近ではないという人や、この機会に道具を揃えて置きたいという人はこちらのキットを手に取ってみると良いでしょう。

自分で修理をしてみたけれど、どうしても上手くいかないときは街中にある非正規の修理店を頼りましょう。
アップルストアをはじめとした正規の修理店では、
不用意に中身を空けてしまったiPhoneは修理を拒否される恐れもあるからです。
非正規の修理店であれば、皆さん直しきれなかった画面割れだけでなく、その他の不調に関しても見てくれます。
非正規店で修理をしてもらうのと自分で行う際の費用のバランスを考え、修理の方法を検討してから画面割れに対処していきましょう。

コメントを残す

CAPTCHA