iPhone修理店で防水加工

スマートフォンを使用するシチュエーションとして、雨や雪が降っている場面も当然考えられますよね。
天気が悪くなってきたからタクシーを呼ぶ、雪が降る中で車を待つ間に音楽を聴くなど
スマートフォンが便利になったことによって使われる場面も自然と増えているのです。
iPhoneは他のスマートフォンに比べて、防水しようという観点では一歩遅れていた感があります。
しかし最近ではそれを取り戻すかのように、iPhone修理店において
iPhoneを防水加工にしてくれるサービスを展開している光景が見られます。
今回はiPhone修理店における防水加工について詳しく見ていきましょう。

iPhoneの防水加工については修理店によって様々な方法で行われています。
透明なガラスのようなコートでiPhone全体を包むという方法では、
流水を浴びせてもまるで全体が水を弾くような仕様に変化するのです。
水がかかっても軽く振るだけで滴が落ちてしまうので、雨や雪の中でも利用しやすくなることでしょう。
防水加工において使用するコートは無色透明なので、画面が見にくいということはありません。
ではどんな水でも大丈夫かというと、あくまで生活防水、すなわち日常生活において浴びることが雨や雪、
そして水道の流水などを想定しているので水没した場合は内部の回路に悪影響を与える恐れもあります。

こうした防水加工以外にも、内部の基盤を集中して守るような加工を施すiPhone修理店も存在します。
こちらは内部の回路を完全に透明な膜で覆ってしまうので、長い間水に浸しても安心であるという広告を謳っている光景も見られます。
ご紹介したようなiPhone修理店での防水加工を利用する際には、事前に次のような項目を確認しておきましょう
まずは防水の範囲です。
生活防水なのか、水没しても耐えうるのかによって防水加工の値段が変わってくることも少なくありません。
ちょっと水がかかる程度でも壊れないで欲しいと思ったら生活防水で良いでしょうし、
iPhoneを水没させる恐れがある環境で仕事をしているのであれば内部もしっかり守ってくれる防水加工が適しているのです。
料金や防水の使用と共に、加工するのにかかる期間にも注目してください。

防水加工は専門の技術が必要ですから、1週間から10日ほどかかってしまうこともあります。
修理店では代替機を貸し出してもらえないことがほとんどなので、
防水加工を受ける時期についてもきちんと考慮したうえでお店を選びましょう。
防水加工をした後に、そのiPhone修理店がどのような保証をしてくれるかもポイントです。
下降が剥がれてきた後のアフターフォローや、きちんと防水加工になっていなかったときの保証についてもきちんと確認しておきましょう。

コメントを残す

CAPTCHA