iPhone画面の修理

iPhoneの画面は皆さんに様々な情報を届けてくれます。
時間を知りたい、乗換駅までの距離を教えて欲しい、電話やメール、
SNSを利用したいなどiPhoneを活用するうえで必ずと言って良いほど画面を見ることになるのです。
そんなiPhoneの顔ともいえる画面ですが、不運なアクシデントの結果壊れてしまうことありますよね。
床に思い切り叩きつけたり、自動車で踏みつぶすといった行為でなくても当たり所が悪ければ画面が割れてしまうこともあります。
今回はiPhoneの画面を修理する際のポイントについて詳しく見ていきましょう。

iPhoneの画面修理においてはアップルケアプラスというサービスに加入しているかどうかで修理費用がまるで変わってきます。
iPhone6という機種においてはアップルケアプラスに加入していると税別3,400円の修理費で済みます。
この修理費用はiPhoneの機種が新しい場合でも同様です。

しかし、保証の対象外、すなわちアップルケアプラスに加入せずにいる場合は数倍の料金がかかってしまうこともあるのです。
具体的には、iPhoneXを保証対象外の料金で修理しようとすると3万円以上の料金を必要とします。
これはアップルストアに加入していない場合の9倍から10倍にあたる値段ですから、
どれほど料金が変わってくるかお分かりいただけるでしょう。
アップルストアでは配送サービスによって地方の方からの修理も受け付けていますし、
家電量販店などにあるアップルの正規サービスプロバイダでも修理してもらうことが出来ます。

または皆さんが購入した携帯電話のキャリアショップでも一部のお店ではiPhoneの修理をしてもらえるのです。
アップルの正規のお店で修理してもらいたいという人は、
お近くのお店を検索してメモなどしておくといざというときに困ることがないでしょう。
非正規の修理店においても、画面の修理は頻繁に行われている項目の一つです。
最近では質もよく短時間で修理を終えられる非正規iPhone修理店も増えているので、すぐに修理して欲しい場合はこちらを利用する選択肢を覚えておいても良いでしょう。

ただし非正規のお店によっては修理が失敗してしまった場合の補償をしないところや、修理に時間がかかってしまうケースも見られます。
インターネットやお店の口コミなどをチェックしたうえで、信頼出来るかどうかを判断してから非正規店を活用したいところです。
また、画面修理においては自分の手で部品を購入し、画面だけを修理してしまおうと考える人もいます。
その方法について指南しているサイトや動画もあります。
手先が器用で機械いじりが得意という人であれば、自分の責任において手作業での修理に臨んでみるのも良いかもしれません。

コメントを残す

CAPTCHA